サポート情報 | サプリメント・健康食品の輸入販売株式会社ティーアンドアール

サポート情報SUPPORT INFORMATION

宮地 藤雄 選手Fujio Miyachiトレイルランナー

2006年に行われた「OSJおんたけスカイレース」への出場をきっかけに、以後国内外のさまざまなレースに参戦。
本場ヨーロッパを中心に開催され、世界中のトップアスリートが集う「スカイランナーワールドシリーズ」でも、数少ない日本人スカイランナーとして活躍しています。

【経歴】

2013~2015マウンテンランニング日本代表/2015 Aiea Loop Express 7 Miler(Hawaii) 2位

高橋 清悟 選手Seigo Takahashiトライアスリート

1987年よりアイアンマンハワイを目指してトライアスロンを始める。
日本のトライアスロン界を牽引してきた第一人者。

【経歴】

1988-1987まで10年連続でアイアンマンジャパンとアイアンマンハワイを完走。
この間ハワイでプロを含む総合100位以内に4回入り、最高タイムは9時間20分、最高順位は70位。
その後いったん競技活動を休止。

2010年より競技活動を再開。
2010年 アイアンマンコリア 50-54年代別優勝 アイアンマンハワイ完走
2011年 アイアンマンコリア 50-54年代別優勝 アイアンマンハワイ完走
2011年 アイアンマン70.3プーケット 50-54年代別優勝 
2012年アイアンマンハワイ 50-54年代別4位入賞
2013年アイアンマンジャパン 50-54年代別優勝
2014年アイアンマンジャパン 50-54年代別優勝 アイアンマンハワイ50-54年代別11位
2015年アイアンマンハワイ55 -59年代別 2位

田中 葵 選手Mamoru Tanaka市民ランナー

スーパースポーツゼビオ ショップスタッフ
高校、大学時代は陸上競技部で長距離・競歩で活躍。その後、一度走ることから離れたが、2007年より再開。主にロードレース中心に活動してきたが、2014年よりトレイルランニングに参戦。デビュー戦のおんたけウルトラトレイル100Kを13時22分で完走。初出場となった昨年のUTMFも完走を果たし、100マイラーの仲間入りを果たした。

【経歴】

ハーフマラソン:1時間18分32秒
フルマラソン:2時間54分46秒
ウルトラマラソン:9時間28分02秒
UTMF2015完走 37時間57分25秒

岸本 大直 選手Hirotada Kisimotoプロトレイルランナー

学生時代は駅伝ランナーとして走っていました。
箱根駅伝を走り実業団へ行きましたが怪我とスランプで引退。
トレイルランニングと出会いプロランナーとして競技を再開しました。
箱根ランナーの新たな挑戦としてスピードを活かしてSTYを楽しみながら走ります。

【経歴】

2017年
富士登山駅伝 9区 区間賞
瀬戸内アイランドトレイル優勝
比叡山国際トレイル50km8位
2018年
笠戸島アイランドトレイル 3位
STY2018 21位

市村 浩美 選手Hiromi Ichimura市民ランナー

【経歴】

2018年、
ハセツネ2018 総合25位 年代別4位
2019年
道志村トレイルレース ハーフ優勝
信越五岳トレイルランニングレース2019 110km 3位
スパトレイルstsk72 11位
>>ロード自己ベスト:
ハーフマラソン 1:27:24
フルマラソン 3:05:59
100km 10:05:09

鈴木 まさみ 選手Masami Suzukiトライアスリート

13~33歳までハンドボール競技。2005年には岡山国体ハンドボール競技で5位入賞。
2009年(34歳)からトライアスロンに転向。2011年からロングを主戦場に、仕事と競技を両立させながら「世界で活躍できるトライアスリート」「子ども(生徒)の目標になれるアスリート」を目指して競技に取り組んでいます。アイアンマン世界選手権でのエイジ入賞を目標に、1日1日を大切に努力を積み重ねていきます!

【経歴】

2009/07 第17回たかはらやまトライアスロン大会 5位(年代別1位)初レース
2010/05 彩の国トライアスロンBタイプ  優勝
2010/10 第16回日本トライアスロン選手権東京港大会 出場
2011/09 第15回日本ロングディスタンストライアスロン選手権8位
2011/10 第17回日本トライアスロン選手権東京港大会出場
2011   JTU連合 年間エイジランキング女子総合4位
2012/04 アジアトライアスロン選手権(エイジ日本代表)
2012/06 アイアンマン70.3セントレア常滑ジャパン 年代別2位
2012/09 佐渡国際トライアスロン大会Bタイプ2位
2012/10 第18回日本トライアスロン選手権東京港大会出場
2012/12 アイアンマン・西オーストラリア大会 年代別8位
2013/03 アイアンマン・ニュージーランド大会 年代別8位
2013/06 アイアンマン70.3セントレア常滑ジャパン 年代別3位
2013/08 アイアンマン・ジャパン北海道 年代別2位
2013/12 アイアンマン・西オーストラリア大会 年代別6位
2014/08 アイアンマン・ジャパン北海道 年代別4位
2014/10 アイアンマン世界選手権 出場
2014/12 アイアンマン・西オーストラリア大会 年代別8位
2015/10 アイアンマン世界選手権 出場
2015/11 アイアンマン・マレーシア 年代別優勝
2016/06 2016五島長崎国際トライアスロン大会 女子総合3位(年代別優勝)
2016/10 アイアンマン世界選手権 出場
2017/04 第33回全日本トライアスロン宮古島大会 女子総合10位
2017/06 IRONMAN Cains カテゴリー10位
2017/10 IRONMAN Taiwan DNF(バイク130km地点で落車)
2018/06 2018彩の国トライアスロンAタイプ 女子総合優勝
2018/10/07 IRONMAN Taiwan カテゴリー2位

中谷 亮太 選手Ryota Nakataniトレイルランナー

2015年10月、当時の走歴はたったの1年。そんな青二才の私が、本気でプロのトレイルランナーになりたいと思った。
理由は3つ。
1つ目は、とにかくトレイルランニングというスポーツが楽しくて仕方なくなったから。好きなことを仕事にしたいと思ったし、実際にプロのトレイルランナーが存在していることを知った。
2つ目は、ランニングが私の人生を救ってくれたから。ランニングに出会う前の私は、道を外しかけ、家族や友人、多くの人に迷惑をかけ続けているどうしようもない人間だった。
3つ目は、このスポーツの楽しさや素晴らしさをたくさんの人に伝えたいと思ったし、ランニングやトレイルランニング、私自身の生き様を通じて多くの人に夢や幸せを与えられる人間になりたいと思ったから。
今もまだ夢の途中ですが、これだけは言える。
私は本当にランニングやトレイルランニングが大好きだということ。
そんな思いを形にしたい。
まだまだ未熟者ですが、よろしくお願いします!

【経歴】

2016年
びわ湖バレイスカイレース総合7位
2017年
キャノンボール パワーの部 コースレコード優勝
比叡山インターナショナル50マイル 総合5位
日本山岳耐久レース(ハセツネ)総合20位 年代別2位
2018年
UTMFウルトラトレイルマウント富士168kD+8000 26:58 総合26位

高橋 利之Toshiyuki Takahashiプロボクサー

デビュー2017.11.7
所属:協栄山神ジム
社会人サイクルロードレーサーからプロボクサーに転向した異色の選手です。
フェザー級の右ボクサータイプの選手です。
応援よろしくお願いします!

【経歴】

通算成績4戦3勝1敗
4勝中2勝がノックアウト勝ち
〈デビュー戦〉
2017年11月7日、VS中野健斗選手 4ラウンド判定負け
〈2戦目〉
2018年1月20日、VS森山敏彦選手2ラウンドKO勝ち
〈3戦目〉
2018年4月16日、VS木野村知也選手4ラウンドKO勝ち
〈4戦目〉
2018年9月19日、VS村田零士選手
4ラウンド判定勝ち